こんにちは

あひるです。



さあ、2月19日に女子団体パシュートが行われますね。

今回は女子団体パシュートに出場する高木姉妹の絆について

記事にしていきたいと思います。

二人のすれ違いについて

二人ともスケートの実力者ですが、

意外にもオリンピックでの共演は今回が初です。

スポンサーリンク



2010年のバンクーバーオリンピックでは妹の高木美帆が選出され、

姉の高木菜那は落選。

2014年のソチオリンピックでは、妹の高木美帆は落選し、

姉の高木菜那は選出されます。



この時のことを、高木美帆選手は、

「それまでもなんとかなってきていたので、

この時も、心のどこかでなんとかなると思っていた。」

と語っています。

そして、高木美帆選手はスケートと真剣に向き合い、

世界で通用する実力をつけて、

今回の平昌オリンピックで代表に戻ってきます。

姉の高木菜那選手も選出され、

8年越しのオリンピックでの共演になります。

ソチオリンピック以降は、それまで二人は別々のチームで

練習していましたが、二人ともナショナルチームに所属し、

1年のほとんどを一緒に過ごしてきたとのことです。

二人が磨いてきた絆がオリンピックで

発揮されることと信じています!



今季は既に、何度も世界記録を抜き替えていますし、

高木姉妹を要する日本代表の活躍に期待ですね!

今回は以上となります。

スポンサーリンク