こんにちは!

あひるです!



スワローズファンのみなさん、朗報です。

昨年までメジャーでプレーしていた

青木が日本球界復帰が確定的になりました。

しかも移籍先はヤクルトスワローズ!

いやー、こんなに嬉しいことは無いですね。

↓青木といえば、やっぱりこのフォームですよね!

メジャーの球に対応するために、今は少しフォーム変わってますね。



国際試合以外で山田と青木がスタメンに名を連ねる時が

見れるなんて至福です。



さて、青木がスワローズに復帰した時の

スワローズのスターティングオーダーも気になりますが、

もっと気になるのは、日本プロ野球の通算打率更新ですね。

青木は2011年オフにFAでメジャー移籍しましたが、

移籍時の通算打率は.329。

現在の通算打率はリーさんの持つ.320.

青木は日本でどのような成績を残せば、

通算打率ランキングトップに踊り出るのか、

見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

青木が加入した場合のスタメン予想

1 中 青木
2 三 川端
3 ニ 山田
4 左 バレ
5 一 畠山
6 右 雄平
7 遊 大引
8 捕 中村
9 投 

強い(確信)

いや、でも2017年のスワローズも

青木がいなくても、坂口が入るので、

弱いはずはなかったんだけど、

どうして、ああなった。



まあ、スワローズはけが人多いししょうがないと割り切りましょう。

1番青木と3番山田のオーダー、何度夢見たことか。

ここに岩村も居たら完璧なのに!



青木はまだリーグ優勝未経験だっけ?

是非青木が現役中にリーグ優勝してほしいなー

そして石川投手を胴上げするとこを見たいな。


青木が日本通算打率1位になるには

2018年シーズン前の時点の通算打率1位は

リーさんの4934打数 1579安打の打率.320です。

通算打率の対象となる条件は4000打数以上あることが条件です。

そして、青木は現在日本プロ野球での成績は

3900打数1284安打となっています。



つまり、あと100打数で条件をクリアするのです。

ちなみに、2018年に100回打席にたって、

全部凡退したとしても

4000打数1284安打で、打率.321で

通算打率1位に躍り出ます。


もちろん、メジャー通算打率.280を超えている

青木選手が100の0なんてことは無いので、

打率はもっとよくなるでしょう。



個人的には青木選手は36歳になった今でも

3割を打てると思っていますが、

仮に日本球界で3年間プレーして

毎年470打数140安打で打率.298の成績だったと仮定します。

そうすると

5310打数1704安打で打率は.3209になります。

この場合はリーさんの.3200を9厘上回って

通算一位となります。



青木選手はスワローズと3年契約を結んだと報道されていますが、

通算打率1位を取るには、3年間スタメン起用された場合は、

毎年3割は打つ必要があることになります。



2018年シーズン、青木選手の活躍とスワローズの躍進に注目ですね!

昨年は3回くらい神宮行って応援しましたが、

今年は青木も山田も宮本も見れるし、

神宮行きまくって応援したいと思います!

青木のユニフォーム買って応援したいな~

本日は以上となります。

スポンサーリンク