こんにちは

あひるです。



今回の記事は、ニュースネタでもパワプロネタでも無く、

どちらかというと自分向けの忘備録記事となります。

内容はお名前.comで独自ドメインを取得する際の手順と、

Whois情報代行設定の有無についてです。

これから、独自ドメインを取得しようと考えている方がいたら

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

取得の方法

まずは、以下のお名前.comのサイトにアクセスする。

https://www.onamae.com/

TOP画面の検索窓で自分が取得したい

ドメイン名で検索し、そのドメインが

取得可能かどうか検索する。

使用不可文字や既に他の方が取得されている場合は

取得不可とでます。

取得可能な場合は、自分の目的のドメインにチェックをいれます。

上記画像では.comにチェックをいれております。

チェックをいれたら「申し込みへ進む」を選択します。

次の画面では契約年数やWhois情報代行のオプションの設定を行います。

ここでは、Whois情報代行の設定にチェックをいれます。

Whois情報代行はドメイン取得後に申請することも可能ですが、

その場合は費用が発生します。

ドメイン取得時に一緒に申請することで。

無料でWhois情報代行が可能なので、ぜひ一緒に申請しておきましょう!

契約年数はお好みですが、私は1年を選択しています。

次へボタンを押下すると、契約者情報や支払い情報の登録を行います。

登録後、支払いを完了することで契約は完了となります。

独自ドメインの取得手順については以上となります。

Whois情報代行について

ドメインは、このドメインを取得している人物は

こういう人物だという情報が標準では公開されております。

そのため、個人で取得したドメインは個人情報が

つつぬけになっているということになります。

この個人情報を非公開にする設定がWhois情報となります。

お名前.comではWhois情報代行を申し込みすることで、

お名前.comが代行でWhois情報の設定を行ってくれて、

個人情報を非公開にしてくれます。

そのため、Whois情報代行はぜひ設定しておきたいです。

今回は以上となります。

スポンサーリンク